普段とは違う自分になるための衣装レンタルの使い方

>

返却までの管理のコツ

返却までのスケジュールは余裕を持って

使用日の翌日を返却日に指定すると、レンタル期間が短くなって料金が安くなるというメリットもありますが、イベントの前後は何かと予定が変動するものです。できるだけ返却までの日程には余裕を持っておきましょう。
イベントが終わってからあわてずに済みますし、何かあった時に対処する時間が確保できます。

特に宅配便を使って返却する場合、しっかりとした確認が必要です。
お店に直接返しに行くよりも手軽に見えますが、場合によってはむしろ手間がかかってしまうことがあります。
仕事に行く前に近くのコンビニで送ってもらって返却しようと思ったら、お店の指定した宅配業者を取り扱っていなかった。結果的に延滞してしまい、追加料金を払ったなんて話もあります。
宅配業者の集荷サービスを予約しておいたりすると、気持ちに余裕を持って利用できますね。

着ていない時こそ汚損に気をつけよう

実際に着ている数時間、普通に過ごしている分にはそこまで神経質にならなくても良いでしょう。せいぜい食事中にソースが跳ねないように気をつけたり、香水やタバコの臭いを気にする程度です。
ですが、服のつくりや素材によってはデリケートなものもあります。
思わぬ汚れがついてしまったり、破損してしまったりするのは、脱いで保管している間が多いようです。

化粧品や筆記具と一緒にカバンに入れたらインクがついてしまった。
おろしたてのデニムの上に置いたら色移りしてしまった。
返却の時に梱包したら、つい詰め込んで型崩れしてしまった。
ほとんどの場合、こういった汚損・破損には追加料金がかかります。脱いだ後はすぐにビニールをかけるなどして、自分の物と扱いを分けることで、こうしたトラブルを避けることができます。